2009年04月21日

自分ルール

負けを早く取り返そうと、動きの早い銘柄に乗ることが多かった。
でも、そのせいで損切りラインも守れないような(決まってないと言って良い)取引を当たり前のように繰り返してしまった。一度の失敗で被る損失は大きいくせに利益だけは相変わらず小さいまま。こんな取引を続けても勝てるわけがない。では、どうすれば良いのか?箇条書きにしてまとめておこうと思います。

その1
ナンピンはしない。

自分の場合、損切りラインが曖昧になってしまった理由がナンピン。この方法が有効なときはあるのかもしれないけど、自分の失敗を素直に認め被害を最小限に抑えることが大切!!

その2
現物で取引はしない。

現物取引をするときは、大概が負けていて信用の余力が無くなった時がほとんど。そんな時は取り返そうとする気持ちが強いので、無茶な取引をよくしている。

その3
1万円以上の損失が出た時点で強制終了。

現物取引と理由は似ているけど、負けが膨らみすぎると冷静な取引が出来ていないことが多い。無茶な取引をしてしまう事を防ぐための強制終了。金額は状態に応じて変えていくつもりです。


とりあえずこれだけ書いておこうと思います。これは勝つためのルールではなく大きく負けない為のルール。負けを小さくすることが大切だと日々実感してます。
タグ:
posted by ちび at 18:44 | Comment(0) | 反省日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。